両角 琴音 写真

この場所で看護師を
やりたい
が入職のきっかけ。

2019年入職 / 看護師 / 両角 琴音

入職のきっかけは何ですか?

信州木曽看護専門学校在学中の実習先が桔梗ヶ原病院でした。職場環境がとてもよく、「この場所で看護師をやりたい」と思ったのがきっかけです。実習の中でコミュニケーションがすごく大事だと感じていて、その部分に重きを置いていたこともあるのですが、特にスタッフ同士のコミュニケーションがしっかり取れているところが良かったです。

自分は人見知りの部分もあるので、周りから声を掛けていただいた方が発信しやすいということがありました。看護師だけではなく、栄養士の方やリハビリの方など職種に関係なくコニュニケーションがしっかりしていました。

仕事内容は?

現在は一般病棟で働いています。患者さんの病気は人によって違いますし、様子も全く違います。リハビリがメインの方もいれば、寝たきりの方もいらっしゃいます。そのぶん、さまざまな疾患が学べる環境だと思います。患者さんのバイタルサインの測定はもちろん、退院支援の方に携わらせてもらったりもしています。

1年目を振り返っての印象は?

現場に慣れることで精いっぱいでした。学生のときの実習も大変で、何度も「看護師は自分に合っていないのかな」と思うこともありました。実際に入職して、さらにそれにぶち当たりました。でもその中でスタッフの優しさ、周りの支えがあって今の自分がいると思っています。

うまく先生に相談できなかった時も先輩が丁寧に教えてくれ、自分に足りていない部分をしっかり教えてくれます。できていない部分を注意するだけではなく、「こうした方が良くなるよ」とアドバイスもしてもらえます。まだまだなところはたくさんありますが、そのおかげでだいぶできるようになってきたかなと思っています。

もちろん上の方に指摘を受けたときもあります。そういうときは「どうしてうまくやれなれないんだろう」という悔しい気持ちが強く、泣くことも多かったです。でもそのぶんだけ自分の知識不足がわかって、もっと勉強しないといけないなと思いました。

今後どんな看護師になっていきたいですか?

3年目になりますが、まだまだわからない部分やできていないことも多いです。先輩に支えてもらってやっとできているという感じ。例えば、患者さんが急変したときにどうしていいかわからなくなり、優先順位が間違ってしまうところがあります。もっと落ち着いて行動できるようになりたいですね。また、先生とのコミュニケーションの取り方が先輩と比べると未熟です。しっかり伝えられない部分があるので上達したいと思います。

仕事のやりがいはどんな部分に感じますか?

患者さんが元気に退院していくときは、「関わらせてもらえてよかったな」と思います。そして、「ありがとう」と言ってもらったときはこの仕事をやっていてよかったなと感じることができます。

桔梗ヶ原病院で働きたいと
思っている方へメッセージを。

看護師という仕事はすごく大変だと思うし、正直に言えば辞めたいと思うこともありました。でもこの病院にきて、スタッフ間の仲の良さがあったから頑張れました。それが他の病院にはない特徴の一つだと思っています。自分はこの環境にいられて恵まれていると感じました。人間関係に不安があったりする方でも安心して飛び込んできてもらって、ぜひ一緒に働きたいです。